So-net無料ブログ作成

<羅臼漁船銃撃>区域外操業容疑で2船長を追送検(毎日新聞)

 羅臼漁協(北海道羅臼町)の漁船2隻による道海面漁業調整規則違反事件で、第1管区海上保安本部は1日、2隻が日露間で定めた安全操業区域外で操業していたとして、2隻の船長を同規則違反(区域外操業など)容疑で釧路地検に追送検するとともに、所有会社2社についても同規則違反容疑で書類送検した。送検されたのは「第58孝丸」船長、平藤孝幸容疑者(49)と社長を務める平藤漁業、「第63清美丸」船長、小島清美容疑者(50)と、船を所有する金蔵小嶋漁業(小嶋亮太社長)。

 送検容疑によると、両容疑者らは1月29日、道海面漁業調整規則で操業が認められていない「規則ライン」を越えた北方領土・国後島沖周辺海域で固定式刺し網漁業を行い、スケトウダラやマダラなどを漁獲した疑い。大筋で容疑を認めているという。

 2人はロシア国境警備隊に銃撃されたことがきっかけで、常時作動が義務づけられている「衛星通信漁船管理システム」(VMS)の切断が発覚し、逮捕された。安全操業は計19隻が出漁。VMSに不審な空白がある漁船がこのほかにもあり、道が調査している。【坂井友子、本間浩昭】

【関連ニュース】
漁船銃撃:船長2人を逮捕 位置情報示す衛星通信切る
漁船銃撃:船長2人の逮捕状取る 衛星通信切断の疑い
漁船銃撃:船長2人10日逮捕 位置情報の通信切断の疑い
露ヘリ銃撃:北海道の漁船を強制捜査へ 区域外操業の疑い
漁船銃撃:漁船が立ち入り禁止区域入り…ロシア側が反論

<革手錠死傷事件>2審も刑務官4人有罪 名古屋高裁判決(毎日新聞)
甦る往年の名テナー・永田絃次郎 (産経新聞)
首相動静(3月5日)(時事通信)
高校授業料無償化「南米系外国人学校にも」(読売新聞)
居酒屋で男が消火器を噴射し150万円盗む 横浜(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。